ステチルの大学生

医学部に行ってます。

進撃の巨人

 先日、世界的大ヒット漫画/アニメ「進撃の巨人」が最終回を迎えました。筆者は小学5年生から読み始めたので、早8年間も読み続けたことになります。今回は学生生活と共に歩んだ進撃の巨人について話したいと思います。

f:id:establishWilson:20210413111913j:image

①初期

そもそも進撃の巨人を読み始めたきっかけは同級生の影響によります。小学校5年生だった当時、クラスにはある秀才男児がいました。よく覚えてませんが、彼は飛行機が好きで将来の夢は管制官だったと記憶しています。当時彼とは交流があり、互いを家に呼び合うような仲でした。そんな彼が愛読していた著書こそが進撃の巨人だったわけであります。彼はクラブ活動でイラストを描いていました。進撃の巨人の単行本2巻と12巻を学校に持ってきてその画を模写したそうですが、「立体機動装置難しい」と嘆いていたことを覚えています。それは仕方ありません。小学生に立体機動装置は複雑すぎます。

f:id:establishWilson:20210413113152p:image

 あと覚えているのが、掃除時間にしたしょうもない会話です。私がふと「進撃の巨人で1番グロい描写はどこ?」と質問しました。彼は女型の巨人が兵士のワイヤーを掴んで振り回す所を挙げました。それが以下の図です。

f:id:establishWilson:20210413113426j:image

f:id:establishWilson:20210413113536j:image

なるほどグロいです。当時そこまでは読んでなかったので「ふーん」とだけ思いました。個人的には女型の巨人が兵士を木に擦り付ける描写が1番グロいと思います。

f:id:establishWilson:20210413113953j:image

グロすぎないすか?まあ進撃の巨人はダークファンタジーですので、残酷なのが見たいという人間特有の感性には逆らえないようです。ちなみに私は読書クラブに所属しており、主に都市伝説系の本を愛読しておりました。

f:id:establishWilson:20210413114308j:image

②にわか期

当初から進撃の巨人はまあまあ人気がありました。ですが小学生の間で流行るほどのものではなく、あくまで中高生以上を対象とした作品であることは言うまでもありません。使われる言葉もそれなりに難しいし、月刊なので1話が長いです。(50ページくらい) 私がもう6年くらい若ければ、ちょうど小学校高学年くらいで鬼滅ブームが来るので、級友と鬼滅の話ができたでしょう。しかし皆が好きで知ってる話をしてもあまり楽しくありません。少数派でマイナー路線を行ってる作品だからこそ、好きな者同士で親近感が湧くのであります。ちなみに小学生の時は基本巻読みでした。(単行本派) あと、進撃の巨人鬼滅の刃に勝ることは当ブログの2020-5-22 鬼を滅さんと欲する刃 にて証明済みであります。

③ガチ勢期

中学校に入ると、徐々に「進撃の巨人おもれえ」となります。もちろん別マガは毎月読みますが、進撃の巨人以外は見ません。別マガが生命線を維持できるのは進撃の巨人があってのことです。おかげで別マガの表紙は大体半分くらいが進撃の巨人です。あと考察本やスピンオフも買うようになります。(before the wallはクソです) ビジュアルのみを求めるのではフルに進撃の巨人を堪能することはできません。そこにある歴史や事情、成り立ちについての理解を深めることで初めてその世界観を会得することができ、あたかも壁内人類が如き緊張感を以て作品に向き合うことができます。ちなみにアニメ1期はBS放送だったので見れませんでした。2期以降はNHK放送になりましたが、今は契約してないので見れません。(NHKの需要は進撃の巨人だけ) 結構暇を持て余していたので、20巻くらいまでなら5回くらい読み返しているかもしれません。

④受験期

中3に入ってマーレ編が始まりましたが、正直高校受験は直前も遊びまくってました。私の場合は〇進高校という動摩擦係数の高い高校を併願してましたので、全滑りはしない自信がありました。(全滑りしたらどうなるか今考えただけでも恐ろしい) なので3月に入ってもモンハンに興じることができたわけであります。そして第1志望の〇部高校に受かったので、入学までまた遊びまくりました。ずっとモンハンやってました。

f:id:establishWilson:20210413171555j:image

⑤受験期2

もうこの辺りから進撃の巨人は既に佳境を迎えていました。高3に入ってから地鳴らしが始まったので、エレンvsその他大勢の戦いは1年くらい続いたことになります。受験勉強はやりましたが毎月8日はちゃんと最新話をチェックしておりました。というか高3に入って沢山の面白い漫画に出会ってその都度全巻読んだりしたので、進撃の巨人はあまり読んでないと思います。個人的にオススメなのがチェンソーマンです。あとMangaRaw最強です。

f:id:establishWilson:20210413172254j:image

⑥終末期

2021年4月、満を持して完結を迎えた進撃の巨人でありますが、長かった気もしますし短かったようにも思います。私はマンガを読むスピードに関しては速いと自負しておりますので、1日ちょっとあれば34巻全部読めると思います。(内容を理解しているかは別です) ここまで見てもらうと、進撃の巨人に関する知人との交流は小学校以来無いことが分かります。このことから言えるのは、年齢を重ねるにつれ実在しないフィクションに割く時間を惜しむようになり、実のある会話を好むようになったということです。つまり中高6年間を通して成熟したと言いたいです。

 

 最終回は簡潔かつ手短でありました。これだけの長編なのに最後はあえて多くを語らないというのも味わいがあります。人類の8割を殺したから戦争なんかできないらしく、エレンは敵愾心溢れる熱血主人公から、極悪非道の大量殺人鬼となり果てたのであります。もはやこのセリフは特大ブーメランであります。

f:id:establishWilson:20210413173904j:image

 でも壁内人類が生き残るにはこの方法しかなかったらしいので、フィクションの世界として目を瞑りましょう。デスノート夜神月くらい凶悪ですが、姑息ではない点男前です。最終回で良かったこととか1番最後がミカサで終わったことくらいでしょうか。個人的に1番好きなキャラはミカサであります。

f:id:establishWilson:20210413174255p:image