ステチルの大学生

医学部に行ってます。

日本放送協会

 昨日NHKの集金人が来ましたが契約せずに追い返しました。今回は新生活を始めた人なら誰もが共通して持つ悩みであるNHK訪問の対処についてお話したいと思います。

f:id:establishWilson:20210404091635j:image

 結論から言うと私はNHKを見ません。従って契約はしないのですが、これは放送法という謎法律によって国民全加入が義務付けられているため、手堅く言うと法律に触れる行為となります。しかしこの法律の穴はテレビ、カーナビ、ワンセグ保有者を対象としている点であり、逆に言うと持ってることがバレない限り契約は避けられるわけであります。夜間は音量を抑え、インターホン越しでは消音にすることを守れば、テレビのない独り大学生を装うことは可能であります。内部からボロを出さない限り外部からテレビの有無を確認することは不可能であり、完全に形骸化した法律であります。そのくせ契約後は受信料を払わなくても罰則は生じないというのですから、この法律の存在意義はいよいよ希薄となって参りました。

 そもそも夜分遅く不躾に訪問してくるかの輩はNHK職員ではなく、下請けの業者であります。受信料が収入になるため是が非でも契約させようとしてきますが、こちらとしては限られた生活費を削って彼らの財布を潤す真似はしたくないので、願い下げであります。強引な訪問員に対しては不退去罪を主張して帰らせる手もあり、同じ法律でも威力が違います。先日の下請け業者は決してそういう類の人ではありませんでしたが、夜遅くに来られるのは普通に迷惑なので二度と来ないで欲しいです。

 以上NHK反対派の意見でしたが、NHKが好きで見たいという人は普通に契約するのがよろしいかと思います。問題なのはNHKを見ないにも関わらず契約しなければならないという日本の腐った制度であり、国民に対する思想や理念の押し付けは第二次世界大戦の敗北を機にやめるべきだったと考えています。もちろん昨今のNHKはそういう内容ではありませんが、NHK(日本放送協会)の全員加入という構図にそういうニュアンスを感じ取っても不思議ではありません。月々1200円は負担です。あとNHKから国民を守る党は意味が無いらしいので解党するべきだと思います。