ステチルの大学生

医学部に行ってます。

逃げの小五郎

 神奈川の国立大学に横浜国立大学というのがあります。大学名に国立の文字を入れてるあたり自己顕示欲の高さが伺えますが、文字数増やすだけで何の足しにもなってません。偏差値的にもブランド的にもどこ位置するのかよく分かりませんが、自分の中では九大のちょい下くらいの位置付けです。そのような、関東の普通に良さげな国立大学が、今年2次試験をやらないとか言い出しました。これは朗報です。というのも、私は前期に国立の医学部を受ける予定ですが、医師を志すのであれば後期も医学部受けるのがセオリーらしく、その後期が倍率高すぎて受かる気しないです。定員はだいたい10人かそこらであり、その糞少ない定員に糞ほど人が集まります。普通の医学部受験生なら、可能性がある限り挑戦する道を選ぶでしょうが、生憎私はそんな熱心さを持ち合わせていません。もちろん挑戦することは大事であり、その諦めない心こそがゆくゆくは夢を叶えるのでしょう。私にはどうしても医者にならなければならない理由はなく、無理そうなら工学系にでも進もうと思っているので、そんな倍率が高い競争は御免です。当初はする予定でしたが、医学部に行くために浪人するのも馬鹿らしくなってきました。なので、医学部滑ったら後期横国受けます。というか前期と同時に出願し、試験もないためただ待つだけになります。

 あまり1つの夢に固執しすぎると、かえってビジョンを狭めることになりかねません。ポケモンでも、野生のポケモンとの戦闘において「逃げる」も立派な選択肢の1つであります。トレーナー同士の戦いでは、謎の漢の意地から逃げることができませんが、これは明らかに損をしています。逃げるを恥と捉え、効率より優先させ続けることは新たに逃げる理由を生むだけであり、リスクを増大させる引き金となるだけです。逃げることは生き延びることであり、逃げの姿勢を取る者が厄介を回避できるのであります。


f:id:establishWilson:20210126200540j:image

 なんで医学部目指し始めたのか覚えてません。むしろ、むさくるしいド田舎から抜け出し、都会で新たな生活をスタートする契機となることを願っています。横浜最高!!!!!!!!!!