ステチルの大学生

医学部に行ってます。

【東進模試】豊臣秀吉

 全国統一何とかテストというテストを受けましたが、高校生は愚か全国統一を果たしたのは豊臣秀吉くらいしかいないはずなので、この試験名は空言です。

 まずこの試験はマーク式(若干の記述もある)で、表現の自由を妨げるものでした。つまり、誰とも知らない馬の骨が考えるvisionに虫食い穴を空け、それを埋めさせるという固定観念至上なものです。誰も何処の馬の骨か知らないので、自分の言論をつらつらと書き並べたかったでしょうが、無理矢理考えを押し付けられて困惑しただけなのです。キリスト教徒に向かってイスラム教徒になれと言っても無理なように、我々は一個人がひとつの命題に対して様々な考えを持っているので、その馬の骨をしゃぶるような真似はできないのです。それは己を捨てるも同値であり、精神的に向上心が無いと言わざるを得ません。   マーク式というのは簡単に言えば、答えが出せたか否かだけにこだわる片腹痛き形式です。つまりどのようにその答えに至ったかという過程を評価するものではなく、単に採点が楽だという理由に甘んじてその根本を見落としてしまっているのは、実に興ざめなことであります。しかも、マークはマークでも私が最も嫌悪する出題形式「太郎さん花子さん」の問題が山ほど出ました。先程の骨は彼らのものであり、取るに足らない馬の骨である彼らの固定観念を全国の高校生に押し付けるとは、暴挙も甚だしいでしょう。

 

 記述>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>マーク

マーク乙〜wwwwwwwwwwwwwwwwwww