ステチルの大学生

医学部に行ってます。

テスト週間重厚長大説

 テスト週間……成績に直接的な影響を与える「重さ」、テスト範囲の教科書などの「厚さ」、二週間にも及ぶ「長さ」、点が低かった時のショックの「大きさ」、これらを全て兼ね備えた「重厚長大」という熟語がお似合いな催しである。この期間は、良い点取りたきゃ鬼神と化して勉学励む必要がある。逆にさぼれば、disappointedするのは己である。定期テストは模試とは違い、やればおのずと結果がでる、自己満を得るにはうってつけの機会である。模試は勉強しても定期ほど努力が報われるわけではない。この感性を自己完結させるか、「苦しむものは苦しめ」方式でサーカスの調教師が如きお仕置きを施すか、「落ちるものは落ちよ」方式でシャバでの戦いに敗北を喫するか、決めるのは汝である。活字で埋め尽くされたおぞましき教科書・参考書。目も覆いたくなるほど鬼畜な問題集。血湧き肉躍るノート・ワークブック及び提出物。その全貌が記された奇妙奇天烈で摩訶不思議な考査範囲表。そして本番、奇想天外で四捨五入なテスト。さあ、今週も頑張ろう。