ステチルの大学生

医学部に行ってます。

モンスターハンター 今までで最も悔しい敗北

 第1位 村下位クエスト ラギアクルス討伐

双剣で満身創痍で功閥し尽くしたが、一向に疲弊する様子がなかった。ラギアクルスが足を引きずり出したのはクエスト開始49分頃のこと。私はその直前に尻尾を切り落としていたため、ラギアクルス本体を追うか、尻尾だけでも剥ぎ取って落ちるか、2択を迫られていた。私が下した決定は前者で、結果追いつけるはずもなく、時間切れでクエスト終了。足を引きずって逃げるラギアクルスをバックに崩れ落ちるハンター。50分の奮闘が皆無となった瞬間であるから、その落胆は仕方ないものであった。

 第2位 村下位 リオレイア捕獲

この頃は捕獲という行為に慣れておらず、討伐より格段難しいクエストであった。しかもリオレイアといえば、私が初めて挫折したモンスターのひとつで、毒への対処のしようがなかった頃は因縁の宿敵でもあった。陸の女王の捕獲作戦は難航し、かなりの時間を費やしやっと足を引きずらせることに成功。捕獲にはギリギリまで体力を減らさなければならないと私は思い込み、エリア移動先でも死なない程度に少しだけ斬っておこうと思い、ここでも人間の欲が出た。そして案の定、リオレイアの体力を0にしてしまい、討伐=クエスト失敗となった。

 第3位 集会所G級 ディアブロス亜種 

このモンスターにガンナー装備で挑まない方がいい、というのが率直な感想である。私は当時有名であった爆破属性の弓「大鹿角破弾弓」を使用していた。だがこのモンスター、想像以上に動きが早く、回避性能を付けていたとはいえ猛突進の巻き添えを幾度か喰らった。そしてディアブロスの最高火力攻撃である地中からの強襲は、体力ほぼ満タンなのにも関わらず一撃死となり、キャンプ送りとなるハメになった。結局3乙したのか勝ったのかは忘れたが、あの背水の陣的な経験は二度としたくない。